職場で孤立する新人になっていませんか?いますぐチェックすべき2項目

2020 4/09
職場で孤立する新人になっていませんか?いますぐチェックすべき2項目

こんにちは、ろこすけです!

今回は…

「新卒で入社したけど職場で孤立している気がする」
「転職したばかりだけど、人間関係がぎくしゃくしている」

こんなお悩みに僕の体験談からアドバイスさせていただければと思います。

目次

職場の人間関係がぎくしゃくしていると感じるなら行うべきこと

こういった場合は焦らずにまずは落ち着いて現在の状況を分析しましょう。


「~さんがつめたい」

「~くんが無視する」

など 職場での人間関係の違和感は意識し出すとものすごく気になってしまい、それだけでも気が滅入りますよね。

ですが、むやみやたらと動いたりしないでまずは状況を冷静に分析するのが大切です。

このような場合はあなた自身か職場のどちらかに問題があるので切り分けて考えてみましょう。

1 あなた自身に問題がある場合

まずは、
今までの行動や現状で何か入社まではできていたけど入社後はできなくなっていることはないか考えてみる。

人間関係は多くの場合、思い込みが激しくなっていることに原因があります。

まずは目の前の仕事をしっかりとこなしてみることから初めて様子を見ましょう。

  • 同じミスを何度もしてしまう
  • 人の指示を素直に聞くことができない

など新人の頃は目の前のことでいっぱいで自分を客観的に見ることができなくなってしまっていることが多いです。

仕事上のミスが多く信頼を失っている可能性を探りましょう。

仕事をしっかりと行ったうえでも孤立してしまうようなら次から紹介することを行ってみましょう。

自分の態度を省みる

僕も実際にこちらの記事に書いたとおり自分を全く客観視できなくなってしまっていました。

https://info-nation.com/2020/04/06/%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%81%8c%e6%9a%87%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%a6%e8%8b%a6%e7%97%9b%e3%81%8b%e3%82%92%e8%80%83%e3%81%88%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%80%90%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87%e3%80%91/

このような場合は、意識改革が必要不可欠です。

人は無意識に相手を見下したり、敬意を払うことを忘れてしまうことがあります。
僕も自分のことで精いっぱいの時は忘れてしまいがちでした。
また、気づいた時には以前はできていた

  • 掃除
  • 明るい挨拶
  • 相手への敬意

これらがまるごとできなくなっていました。

詳細は上記の記事に書いてありますが、そこからは会社のトイレの掃除や服を新調したり髪型を整えるなど一歩一歩できることを積み重ねていきました。

それを数ヶ月継続し、職場の人との関係は回復し今は仕事がとてもやりやすくなっています。

普段はあきらめたり、やらなそうなことをあえてやってみる

具体的には
職場の人間関係がもつれてしまったのは自分の非だと認めて先手をとって会社の人に頭を下げました。

ここまで僕はやたら職場の人を見下すような発言や尊敬が足りていなような行動を起こしていました。
しかし、幾度も転職を重ねてきた経験から今の職場では反省して率先して謝ってみたところ
逆に職場の方に信頼していただけました。

行き詰っているときは今までの自分がやらなそうな選択肢をあえて選んでみるのもいいかもしれません。

「人は人、自分は自分と割り切る」

どこの職場にも確実に合わない人間はいます。

もう一つの提案としては、無理して合わせようとしないというものです。

なにも万人に好かれる必要なんてないのです。

職場は本来仕事を行うべき場所です。


過去には人間関係に頭を悩み続けて消耗するより、家かえってから何しようかなとか楽しいこと考えて過ごした方が結果表情も明るくなって状況が好転したことも経験しました。

それでも改善しない若しくは気になるようなら
職場外の人で相談できる人を見つけておくのはおすすめです。


僕は過去に職場の人に現在の状況を相談したところ、相談内容が職場で筒抜けになっていたことがありました。

その結果立場が悪化して結局退職になってしまいました。

なので、人に相談するときは相手を信用しすぎず適度な距離感で話すとよいですね。

相談するときのちょっとしたコツ

相談するときってとにかく話を聞いてほしいからついつい感情的になってしまいます。

せっかく相手に時間を作ってもらうのであればできる限り建設的に論理的に解決に向かうような相談の仕方を心がけましょう。

例えば

「~さんが嫌だ」

と感情的になって言うのではなく

  • 相談する際にも相手の時間を奪っているという意識
  • 何を最終的には解決したいのかまとめておく
  • 相談する前に要点をまとめておく

など十分配慮しましょう。

2 職場に問題がある場合

ここからはあきらかにブラック企業であるといえる場合の解説をします。

僕は過去にブラック企業に在籍していたことがあります。

そのときは環境になじまなくてはと必死になり、会社が法令違反を行っていたとしても気づかずに当たり前くらいに思っていました。

正直ブラック企業であればあるほど多くの場合職場の人間関係も比例して悪化していきます。

この場合、明らかに耐えられないようであれば、転職の道を早めに模索したほうが良いです。

うつ病などになったら多くの時間を回復までに失うことになってしまいます。

また、補足ですが
転職の相談も社内ではなく社外の信頼できる人に行うようにしましょう。

そのときはくり返しになりますが、

  • 相談する際にも相手の時間を奪っているという意識
  • 相談する前に最終的に何を解決したいのかまとめておく
  • 感情のまま話さない

ことを大切に行動しましょう。

相談相手は吟味してすこしでも信頼できる身近な人に相談すべきかなと思います。

注意点としては安易に会社辞めたほうがいいとか勧める人は経験上あまり信頼してません。
あなたに対して今の選択肢は何がベストなのか真剣に考えてくれるような人が理想です。

ちなみに僕は過去にハローワークや卒業した大学の進路相談室に転職に関して相談してみましたが、あまりに業務的で機械に相談しているような気持ちになったのでやめました。

まとめ

・自分に問題がある場合は論理的に状況を整理する
・職場に問題があるときは転職もあり、ですがすぐに結論を出さずに社外の信頼できる人に相談する

冷静な判断って本当に難しいですよね。
僕は元々ものすごく焦りやすい人間なんですが、焦っているときはなるべき自分は今焦っていると口に出して自分を客観視する練習をしていました。

調子が良いときに不測の事態に備えて準備をすすめておくことが大切だなと改めて思ったろこすけでした。

それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ。
圧倒的な使い心地を追求し、日々進化しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる